ごあいさつ・理念

園長ごあいさつ

お一人おひとりが、豊かな暮らしを送れる様、「気配り、笑顔、敬愛」を常に心に持って、行動します。

 豊かな自然環境の中、居心地の良い生活を送っていただけるよう、ご利用者の尊厳を守り、自立を支援する介護サービスを提供しています。

 ある日、105歳の女性が「自分の家はもちろん良い。でも、ここ(聖和園)も楽で気ままができて良いよ。」と話されていました。何らかの事情で、自宅を離れて暮らすご利用者に、このように感じていただけることを嬉しく思い、心豊かで穏やかに暮らしていただけるよう全職員が力を合わせて介護サービスの向上に取り組んでいます。

 特養では、ご利用者の思いを大切に、個人の生活習慣を尊重し、食事、入浴、排泄等の介護やターミナルケア、ご自宅への外出、外泊、誕生会や喫茶への招待など、ご家族様との触れ合う時間を大切にしています。

 また、在宅サービスでは、「元気になりたい。」「自宅でずっと暮らしたい。」とリハビリやクラブ活動に積極的に参加されているご利用者のできることを見守り、少し工夫を加えることで、ご自身ができることを増やせるよう介護サービスを提供しています。

 さらには、地域に貢献できる聖和園として、地域の高齢者宅や、集会場へ理学療法士、看護師、管理栄養士、介護福祉士等を派遣し、住み慣れたご自宅での生活が継続できるようにアドバイスもしています。

 聖和園のサービスを利用して、元気になった、安心した、困ったら相談しよう、知り合いに勧めようと思っていただけるよう全職員が一丸となって取り組んでまいります。今後ともご指導ご支援賜りますようよろしくお願い申し上げます。


園長代行 斎藤 壽一


理念

利用者の立場で考える

聖和園は自然環境に恵まれ四季の移り変わりをこころ行くまで楽しむことがで出来ます。また、明るく開放的な建物は入居者および訪問者の方を爽やかな気持ちにさせてくれます。そして、専門のスタッフが「理念」に基づき、安心して自立した生活を送れるように先進の設備と最大限のサービスで身のまわりのお世話をさせていただいております。

気配り、笑顔、敬愛

基本方針
  1. 地域の一員として信頼される施設
  2. 変革していく施設
  3. ともに学び、活力溢れる施設
  4. 尊厳を保持し、自立を支援していく施設
行動指針
  1. 私たちは、利用者の立場にたって行動します。
  2. 私たちは、信頼される介護技術を提供します。
  3. 私たちは、チームワークを高め、活力溢れる職場をつくります。

年間行事

【2月】 節分

園内で豆まきをし、楽しく過ごします。

【8月】 夏祭り

ゲームなどを行い暑さを凌ぎます。

【9月】 敬老行事(白寿・米寿)

長寿と健康を祝い、食事をとりながら楽しい一時を過ごします。

【11月】 運動会

元気に身体を動かし、楽しくいい汗を流します。

【12月】 クリスマス会

食事、催し物などを行い、クリスマスを祝います。

【その他】 喫茶

毎月季節に合わせたお菓子や飲み物をお出しし、ご利用者に食べたい物を選んで頂きます。

誕生会

ご利用者の誕生日に、ご家族様にも参加していただき、ご利用者の好物が入った誕生日御膳を一緒に食べていただくなど聖和園全体でお祝いをしています。

訪問
外出

など、ご利用者の笑顔の為に、様々な行事・催し物が行なわれております。

ページトップに戻る